Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tanoshiikaiwakyositu.blog135.fc2.com/tb.php/132-35a3e23d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

職場の「笑い」効果と難しさ

笑いには組織における「潤滑油」の機能がある。周囲をリラックスさせ、職場の雰囲気を和ませることは、仕事を進めるうえで有用だとされている。そのため、現代の会社組織では、「人を笑わせること」が、一種の能力として評価されるようになっているかもしれない。
 私の専門分野の感情社会学の用語でいえば、人を笑わせる能力は「感情資本」のひとつだといえる。職場に引きつければ、円滑な人間関係を形成するためのコミュニケーション能力のことだ。「資本」と呼ぶのは、こうした能力は、親や家族環境から受け継ぐ要素が大きいと考えられるからだ。独学やセミナーなどでこの能力を学習することは難しい。だからこそ、人それぞれの感情のスタイルを「個性」と呼んでいたわけだろう。

 だが現代社会では、この感情資本の「多寡」が問題とされる。たとえば就職活動において、かつて重要だった在学中の成績はいまや学生の関心外である。学生たちが気にするのは「面接官にどう思われるか」という点だ。実際に企業側も、面接などで学生の感情資本の多寡をチェックしている。最近では、SNSを通じて、学生の交友関係を調べる企業もあると聞く。

 ドイツの社会学者ウルリッヒ・ベックは、自らが提唱するリスク社会論のなかで、なぜコミュニケーション能力が重視されるようになったかを考察している。ベックによれば、物事の決定や選択に大きな影響力を持っていた家族や教会、地域のコミュニティ、会社や労働組合といった組織が力を失い、個々人は自己責任のもと自分一人で意思決定をするよう、直接的に社会と繋がらざるをえない時代になった。このため職場という集団のなかでも、その都度の意思決定に向け、周囲との微妙な感情的やり取りをこなす高度なコミュニケーションが強いられるわけだ。
と経済面に掲載されていた記事をそのままはりつけました。
簡単な様で実は難しいコミュ二ケーション作り。。。楽しく「新しい自分作り」にチャレンジしましょう!(^.^)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tanoshiikaiwakyositu.blog135.fc2.com/tb.php/132-35a3e23d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

福元ひろゆき 1968年生まれ

お笑いの構成作家業を経て 自ら経験した企画会議の中での 話し合いから次々と生まれる 楽しい発想 意見にヒントを得て 日常での会話 仕事で役立つ会話等 多岐にわたって役立つのではと この教室を開くに至る。

教室への応募

申し込まれる方は下のメールフォームよりエントリーしてください。 (必ず本文に、住所、氏名、年齢、職業、ご連絡先、参加希望日をご記入の上、ご応募ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

定員となり次第締め切らせていただきます。
とにかく楽しむつもりでお気軽にご応募ください♪

問い合わせメール

ご質問や分からないことがある方は下記アドレス宛にメールにてご質問ください。
tanoshiikaiwa@gmail.com
返事が遅くなる場合がありますがご了承ください。

検索フォーム

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。